ゆうひのふたつのほっぺ

男の子2人のママです。子育てや生活に関する情報を書いています。

毎回ほっこりさせてもらってます♪ 長男くんの可愛い言い間違い

2019.1.9更新

こんにちは。『ゆうひふたつのほっぺ』にお越しいただきありがとうございます。今回はちょっとばかし、ほっこりするお話です。我が家の4歳になる長男くんなんですが、ここ最近、言葉のボキャブラリーも増えてきて対等に会話が出来るようになってきたんです( *´艸`)会話が噛み合ったり、普通に通じると本当に感動しますね!会話のキャッチボールもスムーズにできるようになってきて、それももちろん嬉しいんですが、時々まだまだ言い間違いが多いんですね。その度に???となったり、思わずフフフ( *´艸`)となったりしてしまいます。子どもの言い間違いって聞いていてとても可愛いですよね。心がほっこりしますよね。今回は、我が家の長男くんの言い間違いのエピソードと幼児音についてご紹介します。

こんなことがありました

最近ですね、こんなことがありました。長男くんに言われて、最初は何が何だか分からなかったんです。

長男くんがりんごジュースが飲みたいというのでキッチンで準備をしていたんです。そしたらリビングから

「ママ~、タンパンにね〜」と長男くんの声が。

 

??? タンパン…?まるでクイズを出されている気分(笑)それから頭の中で何度も唱え答えを絞り出します(笑)

 

タンパン

 

タンパン

 

タンパン

 

 

 

 

 

 

満タンね!

 

「はい、満タン入れたよ」と長男くんに満タンのジュースが入ったコップを渡すと、とても満足そうに長男くんは親指を立てながらサンキュ~♪とニコニコしておりました(笑)そのポーズにも笑える(笑)私も当たって心の中でガッツポーズ。その他にも長男くんの言いまつがいシリーズまだまだあるので紹介させてください。

長男くんの言いまつがいシリーズ

テレビ→テビリ(これはよく聞きますね。結構多いみたいですね)

 

DVD→デー・ブイ・デー(やけに丁寧 笑 )


スヌーピー→スニープ

 

スパイダーマン→スタイダーマン

ブロッコリー→ボボッコリー

 

捕まえる→つまがえる

 

もう、そんなにジロジロ見て〜

もう、そんなにごちゃごちゃ見て〜

 

2歳くらいの時は

ドラえもん→あらいもん

 

のび太→うみ太

 

スネ夫→キツネ(笑笑)

 

スネ夫だけもはや全く別ものになってるっていう…(≧▽≦)(笑) もはや見た目レベル(笑)←失礼。

スヌーピーのスニープを初めて聞いた時は可愛すぎて悶絶しました(*´ω`*) わざと何回も言わせちゃう(笑)

で、子どものほっこり可愛い言い間違いが気になったのでちょっと調べてみました。このような幼児期にある、子どもが言葉を言い間違うことを『幼児音』というんですね。ブログを始めて色々分からないことを調べると勉強になります。

幼児音とは

『幼児音』とは、幼児期に見られる幼児特有の言葉で、発音が不明瞭になることです。成長過程と共に治っていきます。治らないからといって焦らず、見守ることが大切となるようです。

さいごに

長男くんのほっこり、そして思わずクスっとなる言い間違いのエピソードと少しですが幼児音についてご紹介しました。成長過程と共に長男くんの言い間違いが聞けなることは嬉しいことでもあり、ちょっぴり寂しいことでもあります。今の言い間違ってくれる可愛い時期を大切にしつつ、焦らず長男くんを見守っていきたいと思いました。そして、密かに今から次男くんの言いまつがいシリーズも楽しみです。次男バージョンもご紹介していきたいなぁ〜なんて目論んでおります(笑)本日も最後までお読みいただきありがとうございました。