ゆうひのふたつのほっぺ

2人の男の子の子育てや生活に関する情報、子連れ旅行、お出かけ、お店、グッズなどの情報を発信していくブログです

3歳子連れ家族旅行 in Hawaii 〜機内対策と子連れハワイお役立ちアイテム~

ご覧いただきありがとうございます。長男くん3歳家族旅行 in Hawaiiも遂に最終日の内容となりました。皆さま、ここまでお付き合いありがとうございます。では、早速いってみたいと思います。

以前の記事はこちらをご覧ください。

www.yuhi-mum75.com

www.yuhi-mum75.com

www.yuhi-mum75.com

www.yuhi-mum75.com

www.yuhi-mum75.com

ホノルル滞在最終日は朝4時起き!

最終日は、朝の4時起きで帰国の準備です。前回の羽田空港着の時は帰路の便が午後発のため、最終日も15時頃までHawaiiを満喫できたのですが、成田着の場合は午前発のため、最終日は移動だけとなります。ホノルル滞在の中で1番早い起床から始まり、荷物の最終パッキングを行いました。ホテルから空港まではリムジンバスで移動です。この時点から長男くんの機内対策の始まりです。

最終日は飛行機に搭乗するまで寝かせないが鉄則!

帰路の飛行機は午前発のため、機内での子どもは元気です!パワーが有り余っているため、寝ないことを念頭においておいたほうが心が折れずにすむと思います(笑)行きの機内のように長時間寝るということは期待しないほうが無難です。前回の長男くん初Hawaii(2歳8ヶ月)の時は、羽田着のため夕方ホノルルを発ったにも関わらず長男くんはまとまった睡眠はとってくれませんでした(涙)それはそれはカ・オ・スでした!長男くん初Hawaiiの教訓を踏まえ、今回は万全な状態で帰路約8時間のフライトに臨みました!

空港までの移動のバスの中でも、とにかく寝かさない!

バスの中では窓から見える車やトラックを見ながら、終始お話攻撃を仕掛けます!空港に着いてからは、とにかく歩かせて体力消耗作戦です!ダニエル・K・イノウエ国際空港は搭乗ゲートまでかな〜り距離があります。子連れにはありがたい広さ。子どもに、有り余っているパワーをここで出し切ってもらいます。空港内も空いているので移動中はお散歩と題して、とにかく自分で歩いてもらったり、時には走ったりしました!搭乗ゲート付近にもスタバや売店があるので、そこで機内で食べるおやつなど最後のお買い物をするのもおすすめです。そして、そろそろ搭乗かなという頃にトイレタイム。準備万端で搭乗です。

機内では初めて目にするアイテムで乗り切る!

機内では持参したパズルやシールブック、知育ドリル、DVDレコーダーでDVD鑑賞をし乗り切りました。行きの機内用と帰路の機内用にニューアイテムを予めとっておきます。 パズルはコンパクトになるものがおすすめです。バラバラになるのでジップロックに入れて持参しました。知育ドリルはシールが100枚も付いているのでお得意がありますね。いずれも初めてやる&見るニューアイテムをおすすめします!やはり初めてのものは食いつきが違います!飽きるというリスクを最小限に留められます。旅行前に長男くんの好みを考えて選ぶのですが、好みからハズレないことも大切となってきます。良かれと思って持参しても実際、好みじゃなかったってこともありました(;^ω^)好みじゃないものですと、その時点でち〜んとなり兼ねないので。

長男くんの機内の様子

長男くん、肝心な機内の中での様子はというと、何と!ミールサービスもすっ飛ばして乗った瞬間から4時間爆睡でした。寝させない作戦、歩かせて体力消耗作戦が功を奏したのか…これには私自身、嬉しい想定外な出来事だったので、お陰でミールサービスをゆっくり堪能することが出来ました。この4時間のロングお昼寝は、かなり時間を稼ぐことが出来ました。成田空港まで残り4時間です!

JALの最高のおもてなし!

長男くんが4時間のロングお昼寝から目覚めたタイミングで、優しいCAさんが長男くんのミールサービスを提供して下さいました。

f:id:yu___hi:20180904075934j:plain

周りはおやすみタイムのため、機内は薄暗くなっていましたが、そんな中でも長男くんがミールサービスを受けていないことをしっかり把握してくださったCAさん。絶妙なタイミングでミールサービスを提供してくださったCAさんの気遣いには感動しました。寝起きは喉が渇いてたり、お腹が空いてたりするので、素早い対応がありがたかったです。更に飛行機を降りる際にはCAさんが「長男くんに癒されました」とまで言って下さり、心遣いが最高でした。またもしものもしも、Hawaiiに行くことが出来たのならば、その時はプラス料金が発生してもJALを指定しようと思いました。

旅行を終えてみて

今回、長男くん3歳でのHawaii旅行でしたが、やはりノープランで正解でした。2歳の時の初Hawaiiの時は元々ツアーに付いているアクティビティをこなすだけで大変でした。もちろん内容はどれも満足のいく素晴らしいものばかりでしたが、2歳の子連れには時間通り、予定通りにはいかないこともたくさんあります。せっかくの楽しいアクティビティなのに、お昼寝と重なってしまい、アクティビティ中ずっと寝ていたなんてこともありましたから。海遊びも1回しか出来ませんでした。それを踏まえて今回のノープラン旅行は予定や時間に縛られることなく、長男くん中心に過ごすことが出来ました。海三昧の毎日に最高の笑顔を見ることが出来ました!
機内対策のアイテムですが、まずJALの機内エンターテインメントが素晴らしく快適なものでしたので、持参したパズルやドリル、DVDと併用するような形で過ごしました。過不足なく、チョイスしたアイテムで乗り切ることが出来ました。最後に今回の旅行を通してお役立ちアイテムをまとめましたので、ご紹介させて頂いてHawaii旅行ブログ終わりにさせて頂きたいと思います。

子連れHawaii お役立ちアイテム!

常備薬をはじめとする衛生用品やボディケア用品、オムツ用品などの他に、持って行って役に立ったアイテムをご紹介したいと思います。

1.機内対策グッズ

・音のならないもの
・初めてやる・見るもの

・落としても転がりにくいもの
・パズルやシールブック、知育ドリル、塗り絵、DVDレコーダー&DVD、タブレットなど。DVDはケースから出してファイルにまとめてコンパクトに。

・マグネット式の玩具もおすすめ。

・お菓子は、旅行の時だけアメOKとかしても特別感があっていいですね。

2.水筒(おとな用&子ども用)

外出時や移動中のこまめな水分補給のために便利です。
3.麦茶パック

夜に水筒にそのままポンと入れて、翌朝出来上がり。自宅で作るよりは濃いめのため、飲む時は水で薄めます。
4.レトルト食品(お湯を注ぐだけで出来るフリーズドライのもの)

Hawaiiの食事が口に合わなかったときに重宝します。アマノフーズのにゅうめんや雑炊、お味噌汁などを持参しました。とても美味しくて旅行以外にも、ちょっと小腹が空いた時などに使用しています。ちょっと余談ですが、アマノフーズのフリーズドライは妊娠中のおやつにも食べていました。

5.体に貼れるタイプの冷えピタ
暑さ対策。脇の下や首の後ろなどに貼れるので、外出時に便利なアイテムでした。

6.除菌ティッシュ
機内はもちろん、外出先で手を拭いたり、テーブルやイスを拭いたり重宝しました。

7.『ハワイ本』

枻(えい)出版社から出ているオアフガイドブックです。2017年版を初めて購入し、2018年版もリピートしました。食事遊びショッピングに分けて書かれていて、写真も多く見やすくなっています。本自体のサイズも通常のサイズのものとmini版があり、今回購入したmini版は現地での持ち運びに便利でした!付属されているオアフ パーフェクトマップには、ザ・バス(現地のバスです)の利用方法やタクシーの利用方法のほか、盗難・紛失、病気・ケガなどの緊急時のトラブル対処法も載っているので初めての方にも安心です。

番外編!持参した方が良かったアイテム

【使い捨ての紙皿や紙コップ、割り箸】
紙コップはホテルに幾つかセットしてありましたが、テイクアウトやハイアットファーマーズマーケットで購入してホテルのお部屋で食事をすることが多かったので、紙皿や割り箸があると便利だなと感じました。

最後に