ゆうひのふたつのほっぺ

2人の男の子の子育てや生活に関する情報、子連れ旅行、お出かけ、お店、グッズなどの情報を発信していくブログです

BCG予防接種~手足口病罹患後はいつから予防接種が可能?~

ご覧いただきありがとうございます。先日、次男くんの予防接種に行ってまいりました。今回はBCGとDPT3回目です。本当ならば、今回予防接種を行った日の2週間前に予約を入れていたのですが、手足口病の負の連鎖にて延期に至った次第です。予防接種の延期に至るまでの経過と、手足口病罹患後はいつから予防注射が可能か、今回体験したことをまとめました。同じような体験をされた方のご参考になれば嬉しいです。 

熱や発疹が消えていても予防接種は受けられない!?

次男くんの当初の予防接種の予定の日は、手足口病の症状が出てから8日後、診断を受けてから1週間後でした。手足口病に罹患して2、3日で熱はもちろんのこと、発疹もなくなっていたのでイケるかな〜という思いがありました。しかし、BCGは生ワクチンなため心配もあり、念のため手足口病について調べてみることに…。手足口病のウイルスは発疹が消えた回復後もウイルスは2週間は唾液や鼻水に、2~4週間は便から排泄されるとあったため、次男くんの体内にはまだウイルスが存在している状態…。接種は控えるべきではないかという思いもあり、病院に連絡して相談してみることにしました。

病院への相談!聞かれた内容は?

まず、病院のスタッフの方には経過としていつから熱が出始めたか、いつから発疹が出始めたか、発疹の出た部位、範囲、そして現在は熱も発疹もないことを説明しました。病院からは、上記以外に手足口病と診断された日、発疹がなくなった日を聞かれました。私は診断された日よりも、熱や発疹の症状の出た日のほうが判断材料には大切だと思っていました。

病院側の返答は?

「今回は手足口病になってから、あまり日が経ってないのでやめておきましょう」「元々の予約の1週間後なら大丈夫ですよ〜」と言われました。熱や発疹がなくなっていても接種は出来ませんでした。元々の予約から1週間後…要するに病院側の返答は、次男くんの場合は手足口病発症から約2週間後、発疹がなくなってから約10日後ならOKということでした。その1週間後が予約が取れず2週間後の日になりましたが、ひとまず無事、終えることが出来ました。

 

f:id:yu___hi:20180907225707p:plain

赤ちゃんや子どもの予防接種のことって、色々気になることがありますよね。赤ちゃんや子どもの体調が明らかに悪い時は受けられないと分かりますが、鼻水程度や微熱程度で本人は至って元気な時など予防接種が受けられるのか、受けられないのか判断に悩むことってありませんか?病院から頂いた予防接種のことが書かれた冊子の中に、役立つ内容が載っていたのでご紹介したいと思います。 

予防接種を受ける前に医師との相談が必要な場合 

1.風邪のひきはじめなど 
2.今までに薬によるアレルギー症状が出たことがある人 
3.今までに薬によって身体に異常をきたしたことがある人 
4.他の予防接種を受けたとき、異常がみられた人 
5.ワクチンには主成分の抗原のほかにウイルスを培養した卵の成分、抗生物質、添加物などが入っており、これらにアレルギーがある人もいますので、アレルギー体質の人は事前によく相談しましょう
6.本人はそれらの病気にかかっていないが、最近、周りの人が麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)などにかかっているとき 
7.心臓病、肝臓病、腎臓病、血液の病気などの治療を受けている人
8.低出生体重児などで、発育について医師に指導を受けている人 
9.今までにけいれんを起こしたことがある人
10.中耳炎や肺炎によくかかる人
              出典元:予防接種便利帳『予防接種ってなぁに?』

6の項目については、受ける本人が罹患していなくても、身近な人が罹患している時は相談が必要になります。学校、幼稚園、保育園などで罹患した人がいたり、流行している時も相談した方が良さそうですね。8のけいれんを起こしたことがある人という項目は、昨年の長男くんが熱性けいれんを起こした際に該当したものです。熱性けいれん後は2~3か月あけて!と医師からの指示でしたので、2か月半ほど経過してから接種しました。

予防接種が受けられない場合

1.37.5度以上の発熱があるとき
2.急性の病気にかかっているとき
3.医師が診察し、不適当と判断したとき    
       
              出典元:予防接種便利帳『予防接種ってなぁに?』

 

まとめ

  1. 熱や発疹がなくても罹患後間もないと、予防接種は行えない。
  2. 感染症罹患(手足口病)後の予防接種の時期は、発症2週間後、発疹がなくなって1~2週間後がめやす。
  3. 風邪や感染症にかかった時や、アレルギー体質、けいれんの既往がある時は、速やかに医師へ相談し、指示を仰いでください。

さいごに

今月で6ヶ月になる次男くん。ついこの間まで、ふにゃふにゃ新生児ちゃんだったのに、もうBCGなの〜⁈と、旦那氏と次男くんの成長を喜んだり、もっとゆっくり成長していいのに〜と寂しい思いもあったりします。私としては、何もないちゅるんちゅるんの腕にBCGの刻印を押されると、何だかおとなの仲間入りをした気分になるわけです。次男くんよ、もっとゆっくり成長しておくれ〜!むしろ、このまま赤ちゃんでいてほしいとも思っちゃう。兎にも角にもBCGとDPT無事終了〜。そして毎回、次男くんの予防接種の応援部隊として付き添う長男くんも、「注射がんばったね~」とひと安心の様子でした。そんな長男くん、診察室でのエピソードを最後に…。

長男くん「俺はもう注射はないもんね〜」と意気揚々と言っておりましたが、言った瞬間、「えっ!? あるから!!」と先生や看護師さんに総ツッコミされて「!?!?」と固まっておりました(笑)ドンマイ。11月に日本脳炎の予防接種が待ってるよ~。頑張れ長男くん!

 手足口病の記事はこちらをご覧ください。

www.yuhi-mum75.com

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。