ゆうひのふたつのほっぺ

2人の男の子の子育てや生活に関する情報、子連れ旅行、お出かけ、お店、グッズなどの情報を発信していくブログです

夏にフル稼働だったエアコンのカビを抑えるちょっとした工夫

ご覧いただきありがとうございます。最近すっかり秋らしくなり、我が家はエアコンを付けずに過ごすことが出来ています。夏にフル稼働だったエアコン。お掃除、どのようにされていますか?エアコンのカビによって肺炎を引き起こしたなんていう事例もあるそうですね。赤ちゃんや子ども、高齢の方がいらっしゃるご家庭は特に気になるのではないでしょうか。今回は、我が家が毎年お願いしているエアコンクリーニングの方に教えて頂いたエアコンのカビを抑えるちょっとした工夫をご紹介したいと思います。 

エアコンカビってなぁに?

私が、この言葉を聞くようになったのはここ2、3年でしょうか。毎年6月、7月の梅雨のジメジメした時期になると、テレビでもカビや食中毒特集やっていますね。で、この特集などでも良く耳にするのが『エアコンカビ』。何年前に見た番組では、咳が長い間止まらなく、病院に受診したところ、軽い肺炎と診断。しかし、症状が良くなるどころか悪化するばかり。症状が重症化してやっとエアコンカビによる肺炎だったという事例が紹介されていました。怖いですね!

 

f:id:yu___hi:20180914115007p:plain

エアコンのカビはエアコンのフィルターや内部、どこにでも発生します。カビが出来やすい環境を考えると、分かりやすいですね。カビは、高い湿度と温度、汚れ、埃がタッグを組むと繁殖します。特に湿度は80%以上、温度は30度前後が繁殖しやすいようです。主に家庭内で繁殖しやいのが黒色酵母様菌で、いわゆるキッチンやお風呂などで見かける憎き黒カビです。エアコンのカバーを外してみると、内部にも黒カビさんがいらっしゃいます。初めてエアコンクリーニングを依頼した時にエアコンから流れ出てきた黒カビにゾッとした覚えがあります。

エアコンカビが及ぼす影響

1.外観を損ねる

次にこの憎きエアコンカビが及ぼす影響ですが、まずエアコンカビが送風口やエアコンの外部に生えてしまうと、外観を損ねます。エアコンに黒カビが付いていると、見ていてやはりいい気持ちではないですよね。

2.喘息などのアレルギー疾患の発症

喘息などのアレルギー疾患の原因にもなります。実際に、私がかれこれ4年前に喘息を再発し受診した際に、喘息のチェック表となるものを書いたのですが、そのチェック表の中に住環境のカビの状態を訪ねる項目がありました。お風呂やキッチンなどの水回りにカビが多いか多くないかチェックする内容でした。これって、カビが原因で喘息を発症するからこのような項目があるんですね。『水回りにカビが多い』にチェックした場合は、先生から何かしら説明やアドバイスがあるのかもしれないですね。

3.夏型過敏性肺炎の発症

夏に発症する肺炎のことを指し、エアコンカビは肺炎などの呼吸器疾患の原因にもなります。エアコンの風と共に出たカビの胞子を繰り返し吸い込むことで、アレルギー反応を起こし肺炎を発症します。発熱倦怠感息切れなどの症状があります。外出して家を離れたり、夏以外の季節は症状が良くなったりしますが、夏の季節がやってくると、再び症状が出て繰り返すのが特徴です。

 

f:id:yu___hi:20180914121914p:plain

エアコンのカビを抑えるちょっとした工夫

ズバリ! 暖房をつけることです!!ん!? 暑い時期に暖房!?と思われましたよね。いえ、暖房をつけるのは9月に入り涼しくなって、もう冷房は使わずに済むかなといった時期につけます。6月辺りから9月ころまで使用した冷房を、もう使用しないだろうという時に暖房のスイッチを入れます。この時、2〜3時間ほどつけっぱなしにしておくのがいいそうです。そして、設定温度は高い温度設定ほど良いそうです。理由は、エアコン内部に溜まった水分を蒸発させるため。中途半端な時間ではなく、高い温度設定でガッツリ時間をかけてエアコン内部を乾かします。確かに、エアコンお掃除機能付きのものってエアコン切った後に、エアコンクリーニング中ですみたいな音声が流れて、生あたたかい風が出てきますよね。エアコンカビの原因は湿度、温度、汚れ、埃なわけですが、カビの繁殖には水分が必要なため、この水分を排除すると繁殖しにくいというわけなんです。で、さすがに9月に入って涼しくなってきたといっても、暖房を入れた室内にいるのは罰ゲームみたいですよね(笑)我が家が毎年お願いしているエアコンクリーニングのお兄さんが、外出するときに2〜3時間暖房のタイマーをつけていくといいですよ〜!と教えてくださいました。これなら罰ゲームにならず、エアコンカビを撃退できますね。送風モードにするという方法もありますが、暖房モードもおすすめです。

まとめ

  • エアコンカビを抑えるには、エアコンを使わないと決めた日に2〜3時間暖房モードにすることです。
  • 設定温度を我が家は25度くらいにしていますが、高い温度設定のほうがエアコンの内部をしっかり乾かすことができます。
  • 暖房中は、タイマーをかけて外出してください。
  • 中途半端な時間より、高い温度設定でガッツリ時間をかけて乾かしたほうが、臭いも残りません。

来月辺りにエアコンクリーニングをする予定なので、エアコンクリーニングについては、また後日ご紹介したいと思います。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。 

10月にエアコンクリーニングを行いました。

www.yuhi-mum75.com