ゆうひのふたつのほっぺ

2人の男の子の子育てや生活に関する情報、子連れ旅行、お出かけ、お店、グッズなどの情報を発信していくブログです

【体験レポ】エアコンクリーニングで気持ちよく冬を迎えませんか

ご覧いただきありがとうございます 。先日、夏にフル稼働したエアコンのカビを抑える工夫についてご紹介しました。

www.yuhi-mum75.com

こちらの記事の最後でもお伝えしましたように今回、夏に使い倒したエアコンのクリーニングを業者さんに依頼しました。我が家が毎年お世話になっている業者さんで、今年で4年目になります。エアコンの仕組みやカビの予防の方法など詳細に教えてくださる業者さんで我が家のお気に入りの業者さんです。

我が家がエアコンのお掃除を業者さんにお願いするようになったきっかけは、長男くんの誕生。それまで気にはしていたけど、エアコンのお掃除方法なんて正直分からず、フィルターのお掃除と送風口から手を入れて拭ける範囲を拭く程度…。見て見ぬふりをしていました。しかし長男くんの誕生をきっかけにエアコンの埃やカビなどがとても気になるように。またテレビでは、エアコンのカビによる身体への影響などが取り上げられることが多く、見るたびに怖くなりました。素人では手の届かない部分のお掃除も必要だと思い、業者さんに依頼するようになったのです。今回はエアコンクリーニングの作業内容やコストなどについてご紹介したいと思います。

エアコンクリーニングってどんなことするの?

エアコンクリーニングの作業内容をおおまかに分けると

  1. エアコン周囲にある家具などに水が飛び散らないようビニールで保護
  2. エアコンカバーやフィルターを外してパーツの洗浄
  3. エアコン内部の汚れやカビを高熱スチームで浮かす→行なわない業者さんもあります。
  4. 高圧洗浄器で汚れやカビを落とす
  5. エアコン内部の洗浄後の余分な水分の拭き取り
  6. 【オプション】エアコン内部に消臭抗菌スプレーを散布
  7. 最後にカバーやフィルターなどのパーツの取り付け
  8. 【オプション】室外機の洗浄→分解する業者さん、しない業者さんがあります。

それでは、実際のクリーニングの様子をご紹介したいと思います。

エアコンのカバーやフィルターをはずす

エアコンのカバーを全てはずし、内部に取り付けられているフィルターもはずします。

f:id:yu___hi:20181113235930j:plain

f:id:yu___hi:20181113235958j:plain

f:id:yu___hi:20181114000014j:plain

全てはずした状態です。カバーをはずすとこうなっているんですね。右側に見える配線などの部分は、エアコンの心臓部と言われている部分です。エアコンの洗浄時にこの部分が水で濡れてしまうと、エアコンの故障の原因になるので、洗浄する前にこの部分をタオルとビニールで保護します。

f:id:yu___hi:20181114000035j:plain

高熱スチームで汚れを浮かす

洗浄中に水が飛び散らないよう、エアコンに専用のカバーを取り付けます。

f:id:yu___hi:20181114000051j:plain

専用の洗浄液を散布します。

f:id:yu___hi:20181114000113j:plain

高熱スチームでエアコン内部の汚れカビを浮かしていきます。この高熱スチームは、行なっている業者さんと行なっていない業者さんがあるそうです。ただやはり、高熱スチームを行うとカビや油分を含んだ汚れが落ちやすいですよね。

f:id:yu___hi:20181114000130j:plain

f:id:yu___hi:20181114000144j:plain

高圧洗浄器で汚れを落とす

洗浄液と高熱スチームで浮かせたエアコン内部の汚れやカビを高圧洗浄器で洗っていきます。

f:id:yu___hi:20181114000200j:plain

ひゃ〜!流れ出た水が黒い (^_^;) 

f:id:yu___hi:20181114000219j:plain

いかにエアコン内部が汚れているかが分かりますよね。この汚れが溜まったエアコンの風を吸っていたかと思うとゾッとします。

エアコンのカバーやフィルターの洗浄

エアコンクリーニングの業者さんはいつも2人で来てくださいます。しかもそのうち1人は女性の方。女性スタッフの方がいると安心しますね。男性スタッフの方がエアコン内部の洗浄をしている間に、女性スタッフの方が玄関先でエアコンのカバーやフィルターの洗浄をします。

f:id:yu___hi:20181114000237j:plain

f:id:yu___hi:20181114000255j:plain

f:id:yu___hi:20181114000316j:plain

専用の洗浄液をつけてスポンジでゴシゴシ。同時進行なので、効率良く作業が進み時間も短縮されるので助かりますね。

高圧洗浄後、エアコン内部に残っている水滴を拭き取る

エアコン本体に話は戻りまして…。高圧洗浄機でエアコン内部の洗浄を行った後は、残っている水滴を丁寧に細かい部分まで拭き取ります。

f:id:yu___hi:20181114000457j:plain

f:id:yu___hi:20181114000515j:plain

【オプション】 消臭抗菌スプレーを散布する

エアコン内部に消臭抗菌スプレーを散布して、カビの発生を防ぎます。ちなみにこちらのスプレーはオプションになります。

f:id:yu___hi:20181114000533j:plain

エアコンのカバーとフィルターを取り付ける

男性スタッフの方が抗菌スプレーを散布しているころ、玄関先で行っていたエアコンのカバーやフィルターの洗浄もちょうど終わっていました。何と素晴らしい連携プレー!作業がとてもスムーズに進みます。洗浄してピカピカになったカバーやフィルターを取り付けます。

f:id:yu___hi:20181114000557j:plain

f:id:yu___hi:20181114000631j:plain

f:id:yu___hi:20181114000651j:plain

全て取り付けたら30分ほど28度設定の暖房をつけ、エアコン内部の水滴をしっかり乾かしたら終了です。水滴が残っているとカビの原因になるので。

f:id:yu___hi:20181114000732j:plain

【オプション】 室外機の洗浄

室外機の洗浄です。室外機のカバー(分解せずに)の洗浄と裏側の熱交換器の洗浄を行いました。ちなみに室外機のカバーを分解して洗浄を行う業者さんもあるとのことです。

f:id:yu___hi:20181114000750j:plain

f:id:yu___hi:20181114000805j:plain

f:id:yu___hi:20181114000845j:plain

裏側の熱交換器に埃などの汚れが付着していると、熱の排出が効率的に行えず室外機の熱交換器自体が頑張ってしまうため、電気代がよりかかってしまうそうです。

今回かかった料金

今回はリビングのエアコン1台とオプションで室外機(分解なし)の洗浄、消臭抗菌スプレー合わせて¥13800でした。以前にエアコン3台と室外機3台のクリーニング消臭抗菌スプレー付きでお願いした時は、¥33000ほどでした。複数台だと割引されます。また、エアコン自体にお掃除機能が付いているエアコンはプラス料金がかかります。これ、初めて知った時はちょっとびっくりしました。お掃除機能付きのエアコンは、分解するのに手間がかかるからだそうです。ちなみに我が家のこちらのエアコンもお掃除機能付きです。お掃除機能付きのエアコンも見ていただいてお分かりかと思いますが、やっぱり内部は汚れます。しかも、お掃除機能付きのエアコンって高いですよね。高いお金を払って購入したのに、エアコンクリーニングで更にプラス料金がかかるのは何だかなぁ~って思ってしまいました。次、購入するときはお掃除機能付きのエアコンではないものにしようか考えています。

エアコンクリーニングの相場

相場はどのくらいなのか調べてみました。調べた設定料金は我が家と同じ条件。

  • 壁掛けタイプのエアコン1台
  • エアコンはお掃除機能付き
  • 消臭抗菌スプレー付き
  • 室外機のクリーニングの料金(税込)です。
  • エアコン1台:¥7000〜¥10000
  • お掃除機能付き:¥5000〜¥8500
  • 消臭抗菌スプレー:キャンペーンで無料〜¥3000
  • 室外機の洗浄:¥2000〜¥5000ほどでした。

まとめ

今回は、使用頻度の高いリビングのエアコンのクリーニングを依頼しました。

・作業時間:約1.5時間

・料金:お掃除機能付きのエアコン(室内機)と室外機のクリーニング、消臭抗菌スプレー付きで¥13800

・室外機の洗浄は分解する業者さんとしない業者さんがある

この条件で¥13800は安いのではないかと思います。相場を見るとかなりがあることが分かりますよね。ただ安いからといってお願いしてみたら、あとから追加料金が発生した!なんていう事例もあるようなので注意が必要ですね。クリーニングを行う前に、その辺りはしっかり業者さんに確認することが大切かと思いました。

エアコンクリーニングのスタッフの方から聞いたお話ですが、毎年定期的にエアコンクリーニングを行うと、やはり汚れも少ないそうです。エアコン内部を洗浄した際に出る汚水も透明に近いそうです。ただ、リビングなどの使用頻度の高いエアコンは、毎年エアコンクリーニングを行っていても汚れ目立つそうです。我が家も黒かったですね。また、エアコンクリーニングは素人が到底できない内部まで洗浄してくれるので、汚れやカビをきれいに落とせます。エアコンがきれいだと、電気代の節約にも繋がりますね。使用頻度の高いエアコンだけでも定期的にエアコンクリーニングを行い、スッキリした気持ちで冬を迎えてみてはいかがでしょうか。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。