ゆうひのふたつのほっぺ

2人の男の子の子育てや生活に関する情報、子連れ旅行、お出かけ、お店、グッズなどの情報を発信していくブログです

クリスマス準備〜クリスマスツリーとリースを飾りました〜

ご覧いただきありがとうございます。ここ最近、一段と寒くなってきましたね。我が家も暖房をつけることが増えてきました。気づけばもうすぐ12月…ということで、先日のお天気の良い日にクリスマスツリーとリースを飾りました。我が家のクリスマスツリーは、棚の上に飾れるサイズのミニツリーです。我が家にやってきてからかれこれ4度目のクリスマスを迎えますが、飾る度にこれにして良かったと思えるツリーでとても気に入っています。アーティフィシャルフラワーで作られたジェーン・パッカーのものです。このツリーに出会うまで正直なところ、ジェーン・パッカーを知らなかったのですが、とても素敵な作品を作ってらっしゃった方なんです。まずジェーン・パッカーについてご紹介しますね。

ジェーン・パッカー

ジェーン・パッカー(1959-2011)は、フランスの女性フラワーアーティストです。フラワーショップやウェディングフラワーの製作、フラワースクールの開校などを展開されています。フラワーショップは、ロンドンの第1号店から東京、ソウルにもオープンしました。また、フラワースクールは日本に姉妹校もあったんですよ。こちらのスクールは、2011年にジェーン・パッカー氏がこの世を去ってから2012年に閉校しています。そのほか英国のロイヤルウエディングのウェディングブーケを手がけたり、書籍も多く出版されています。読んでみたいと思っている本のうちの1冊です。

ジェーン・パッカーのクリスマスツリー

f:id:yu___hi:20181120125404j:plain

このジェーン・パッカーのクリスマスツリーを店頭で初めて見たとき、を基調としたお洒落できれいなツリーに思わずため息が出ました。きれいな色のツリーに引き込まれ、完全に一目惚れしました。このとき青のツリーを初めて見ました。元々オーナメントもデコレーションされている飾り付け不要なツリーです。こちらも青やゴールド、スターのオーナメントがとてもお洒落に施されていてお気に入りです。青色のお花は紫陽花です。冬のクリスマスツリーに紫陽花。斬新!とても素敵だなと思いました。こちらのツリーは、かれこれ3年前、長男くん1歳のときに購入しました。2015年のクリスマスギフトコレクションのものです。ジェーン・パッカーのクリスマスツリーは、毎年違うデザインのツリーが発売されています。本当は背の高い大きなサイズのクリスマスツリーが欲しかったんですが、まだまだ小さい長男くんが触って倒してしまったり、オーナメントを口に入れてしまったりする危険も考えられたため、長男くんが手の届かない棚の上に飾れるミニサイズのものはないかなぁと探していたところこのツリーに出会いました。完全に一目惚れでしたし、サイズも探していたサイズにぴったり、元々施されているオーナメントの飾り付けもとても素敵だったのですぐに購入を決めました。長男くんと一緒にオーナメントの飾り付けができるようになったら大きなサイズのツリーにしようと思っていました。が、嬉しいことに次男くんが今年生まれたので、まだまだこの先もこのクリスマスツリーにお世話になる予定です。このクリスマスツリーは、アーティフィシャルフラワーを花材にしたアーティフィシャルツリーと呼ばれるものです。

アーティフィシャルフラワー、アーティフィシャルツリーとは

アーティフィシャルフラワーは、生花をリアルに近い状態で再現した造花のことです。なのでアーティフィシャルツリーもリアルに近いツリーということなんです。ジェーン・パッカーのクリスマスツリーは、ドライフラワーも使用しているので、本物みたいなんですよね。リアル!ドライフラワーも使用しているので、購入したときに保存状態にもよるが、3年ほどはもちますとお店の方から言われていました。しかし、3年以上経過した今でもきれいな原型を維持してくれているので、この先もまだまだお世話になる予定です。とても気に入っているので、ずっと大切に保管していきたいです。

クリスマスツリーを飾った日にクリスマスリースも飾りました。

クリスマスリース

f:id:yu___hi:20181120125728j:plain

我が家のクリスマスリースは、ピンクを基調としたシルバーのリボンが特徴のリースです。クリスマスツリーと同じ年に、手作りの作家さん達が出店されているサイトで購入しました。手作りの作家さん達のサイトは、色々な作品があるのでよく利用しています。手作りのものって、作った方の思いが込められていて、こちらも温かい気持ちになるんですよね。そして、大切に使わなくちゃって思います。私は不器用なので器用に手作りされる方はホント凄いと思ってしまいます。このリースを作られている作家さんは、ほかにも春仕様のリースや夏仕様のリース、ハロウィンのリース、しめ飾りなども作られている作家さんです。とても素敵な作品ばかりで、正直どのクリスマスリースにしようか悩みました。あまりクリスマスリースにはないカラーが決めてでした。ピンクとシルバーの組み合わせが気に入っています。クリスマスツリーとは正反対のカラー(笑)配送されてきましたが、リースサイズの箱に丁寧に梱包されていました。今でも飾っていないときはその箱に入れて収納しています。リースの状態も良く、毎年大活躍してくれています。我が家の玄関の雰囲気にも馴染んでいるような。←自画自賛しちゃいました(笑)長男くんもきれいだね〜ととても気に入ってくれています。子どもが喜んでくれるのが一番嬉しいです。出した甲斐がありました(*´ω`*)

玄関先の花壇もクリスマス仕様に

f:id:yu___hi:20181120130131j:plain

我が家の玄関先のそれはそれは猫の額ほどの小さな花壇も(笑)クリスマス仕様にしました。お花の植え替えとサンタさんやトナカイも久しぶりの登場♪サンタさんやトナカイは100均です( *´艸`)お花はダリア、葉牡丹、ストック、スイートハーブメキシカンなどにしましたよ。これでおうちのクリスマス準備が整いました。あとは子ども達のクリスマスプレゼントとクリスマスディナーを何にするかだな(~_~)あっ!アドベントカレンダーもか…。クリスマスプレゼントが一番悩むかも(^▽^;)

さいごに

今年の2018年のジェーン・パッカーのクリスマスツリーは、麦のドライフラワーを使用したゴールドを基調としたツリーで、こちらもとても素敵でしたよ。クリスマスまであと35日!クリスマスツリーを探している方や買い替えを検討されている方などの参考になれば嬉しいです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。