ゆうひのふたつのほっぺ

2人の男の子の子育てや生活に関する情報、子連れ旅行、お出かけ、お店、グッズなどの情報を発信していくブログです

【ダニ対策】天然成分で赤ちゃんや子どもにも安心なおすすめのアイテムをご紹介 ~おもちゃ箱や収納ケースなどに活用~

ご覧いただきありがとうございます 。突然ですが、皆さまダニ対策ってどうされていますか?今日はダニ対策、特におもちゃ箱におすすめのアイテムをご紹介したいと思います。

ダニが好む環境とは?

ダニは20度~30度の温度、60~80%の多湿、栄養源が揃うと繁殖します。ダニの栄養源というのは主に皮脂やフケです。またダニが活発になるのは暖かくなってきた頃かと思っていましたが、調べてみるとダニは6月から9月にかけて活発に繁殖します。では冬は繁殖しにくいのかと言うとそういうわけでもないんですよね。なぜなら暖房機能が発達してきているため、冬でも温かくダニが好む環境になるので1年通してダニは繁殖しやすいんです。なので冬もしっかりダニ対策を行っていきたいものですね。

ダニについて調べてみたら興味深い内容がありました

ダニについて調べていたところ、興味深い面白い内容を見つけました。アース製薬が行った調査によるとダニが多いと言われる布団やカーペット、畳以外にも実は洋服にも多くのダニが付着しているという結果が出たというんです。何と着ている洋服から148匹のダニが検出された人もいたというのですから驚きです。そのほかにも肌や髪の毛から検出したケースも。自宅のみならず外出先からダニをもらい、自宅に持ち帰ってしまうケースもあるようです。ダニを放置しておくと、数が増えるのはもちろんですが、ダニのフンや死骸がアレルギーを発症させる原因にもなりかねません。そして主婦のダニに関する意識は高い一方で、肝心なダニ対策に関する知識については低いことも分かったそうです。とても興味深い内容だったのですが、この調査について読んでいるだけで何だか身体が痒くなってきましたね(^◇^;)とともに赤ちゃんや子どもの服、肌や髪に…と思ったらゾッとしたワケです。この調査を読んで更にダニ対策の意識が高まりました。で、我が家がダニ対策にのり出したそもそもの理由なんですが…

我が家がダニ対策に積極的になったワケ

リビングの隣りの和室を子どもの遊びスペースにしている我が家。子どもの本やおもちゃも和室に収納しています。どのような収納方法かといいますと本は本棚に、おもちゃは家具タイプのおもちゃ箱に収納していて、それぞれ和室に配置しています。家具のおもちゃ箱に入りきらないおもちゃに関しては、スタックストーオンバケットにポイポイ入れ、押入れに収納しています。月に1回はそのおもちゃ箱やスタックストーオンバケットのお掃除をするよう心掛けているのですが、お掃除をしてみると結構おもちゃ箱の中って汚れてるんですよね。夏には小さーいを1匹おもちゃ箱の中で見つけてしまいましたΣ(゚д゚lll)ひぇーですよ!虫を見つけた時はショックでしたね。で、虫を見つけたときに同時に気になり始めたのがダニ。和室ってフローリングよりもダニが発生しやすいと言われているので更に心配に…。お天気がいい日は和室の窓を開けて畳にお日さまが当たるようにはしているのですが、それだけでは不十分な気も…。やはり子どもが生まれてから、ダニとか埃とかそういうたぐいのものにより一層敏感になるようになりました。で、ダニ対策にいいものないかなぁ~と探していたところ、簡単にダニ対策できるアイテムを見つけました。

ダニバリア ダニよけシールタイプ

簡単にダニ対策ができるおすすめのアイテムは、『アース製薬ダニバリア ダニよけシールタイプ』です。このシリーズ色々なバージョンがありまして、実はすでにシートタイプ、ゲルタイプ、プレートタイプを制覇していたものなのですが、シールタイプも見つけまして迷うことなくポチり。ダニが活発になる頃より使い始め、現在5ヶ月目になります。

ダニバリア ダニよけシールタイプの良い点

成分が天然由来成分

このシールの何がいいかと申しますと、まずダニよけ成分と消臭成分が天然由来成分でできていること。殺虫剤を使用していないんです。植物に含まれているダニが嫌がる成分を使用しているので赤ちゃんや子どもがいる家庭も安心して使えるところが嬉しいですよね。また防カビ成分も配合されています。

シールタイプで使い方は簡単!貼るだけ!

シールタイプなので、どこにでも手軽に簡単に貼れてダニ対策ができるんです。プラスチック製はもちろんのこと、布製のものにも貼れるんです。

f:id:yu___hi:20181107114944j:plain

我が家のおもちゃ箱に使用しているスタックストーオンバケットの中に貼ってます。

簡単に剥がせてシール残りがない!

そして何がいいって剥がしやすいんですよ!シール残りせずきれいに剥がせるところがこれまたおすすめポイントなんです。シールってうまく剥がせないとベトベトしてしまい、これって私にとっては凄くストレスになること。剥がしやすいってところはかなりポイントが高かったです。

子どもの力では剥がしにくい

我が家では洋服の収納ケース(無印良品のポリプロピレン収納ケース)にもダニよけシールタイプを使用しています。今までは効果が1年タイプの防虫剤を使用していたのですが、長男くんが自分で洋服をケースから取り出すときに一緒に出てきた防虫剤を触ってしまうことがあったんです。何にでも興味を持つお年頃なので仕方ないんですが、やはり子どもが防虫剤に触れるのにちょっと抵抗がありました。しかし、このダニよけシールタイプはケースの底に貼ってしまえば見えにくいですし、洋服とともに出てくる心配もなし!また子どもの力では剥がしにくいので長男くんが興味本意で触ることもなくなりました。

薄いシールなのでかさばらない

シールはとても薄く大きさも小さいのでかさばりません。

保存袋に交換の日付が記入できる

またシールの保存袋に日付を記入できるようになっているので、交換時期も一目瞭然。管理もしやすいですね。ちなみに我が家は交換忘れを防ぐために毎月1日に交換時期として定めています。まぁ、きっちり1日にできないことのほうが多いですが(^◇^;)

使用場所

我が家では、主におもちゃ箱や洋服の収納ケースに使用しています。ダニが発生しやすい場所でシールが貼れる場所ならどこにでも使用できるので、食料庫などキッチンの収納場所や枕、クッション、タンス(木製のタンスの場合は台紙ごと切って引き出しに入れてください)などにも使用できます。

使用方法

3Lあたり1枚使用します。3Lと言われても大きさがパッ浮かばないですよね。ちなみに1Lは1辺10cmの立方体。商品の使用方法には、枕やクッションにはカバーの内側四隅に1枚ずつ計4枚使用と書かれています。使用する場所やものの大きさによってシールを貼る枚数が変わってきますが、我が家では、おもちゃ箱や洋服の収納ケースには内側や底にそれぞれ1枚ずつしか貼っていません(^◇^;) しかし、使用してからは出番の少ないおもちゃ箱の中でも虫を見かけたことがないので効果はあると感じています。

ダニバリアシリーズ

ダニバリア ダニよけ シートタイプ (2枚入り、4枚入り)

使用場所:ベッドシーツやベッドパットとマットレスの間、布団の下、押入れ、カーペットの下など

効果期間:約6ヶ月(使用環境によって異なる)

香り:無香料

大きさ:90cm×90cm 使いやすい押入れ半間サイズ

ダニバリア ダニよけシールタイプ (36枚入り)

使用場所:枕、クッション、食料庫、タンスの中、おもちゃ箱など

効果期間:約1ヶ月(使用環境によって異なる)

香り:無香料

大きさ:5cm×5cm(タテ×ヨコ)

ダニバリア ダニよけ 枕用ミニプレートタイプ 3枚入り

使用場所:枕以外にも布製ソファーのすき間やカーペットの下、クッション座布団などのカバーの中

効果期間:約6ヶ月(使用環境によって異なる)

香り:ほんのりアロマグリーンの香り

大きさ:7cm×10cm(タテ×ヨコ)

ダニバリア ダニよけ ゲルタイプ 1個入り

使用場所:ベッドやソファーの下など床に配置

効果期間:約1ヶ月(使用環境によって異なる)

香り:ハーバルミントの香り、ハーバルソープの香り

ダニバリア どこでも使えるダニよけスプレー(350ml)

使用場所:枕、クッション、ソファー、布団、カーテン、カーペット、畳、ぬいぐるみなど

効果期間:約1ヶ月(使用環境によって異なる)

香り:ナチュラルグリーンの香り、フローラルソープの香り

まとめ

おもちゃ箱や収納ケース、クッションや枕、キッチンの引き出しなど色々な場所のダニ対策におすすめのダニシールのご紹介をしました。1年中通して行いたいダニ対策。これから年末に向けて大掃除をされるご家庭が多いかと思いますが、ダニ対策のご参考になれば嬉しいです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

我が家が使用しているおすすめの おもちゃ箱については宜しければこちらをご覧ください。

www.yuhi-mum75.com