ゆうひのふたつのほっぺ

男の子2人のママです。子育てや生活に関する情報を書いています。

おもちゃ箱にはフランス生まれのスタックストーがおすすめ!~おしゃれで機能性と収納力が抜群~

2019.1.9更新

先日、おもちゃ箱のダニ対策についてご紹介しました。

www.yuhi-mum75.com

今回は我が家で大活躍している機能性や収納力が抜群で、しかもおしゃれなおもちゃ箱のご紹介をしたいと思います。

おもちゃ箱を決める基準

おもちゃ箱ってホント色んなものがありますよね。子どもが大好きそうなデザインであったり、素材や機能性、収納力も様々です。おもちゃ箱をリビングに置くか子ども部屋に置くかなどによっても選ぶ基準は変わってきます。我が家もおもちゃ箱を購入するときに正直悩みました。悩んで調べまくりました(^◇^;)

我が家がおもちゃ箱を決める基準にしたことは機能性・収納力・デザイン・コストの4つです。機能性も良くて収納力も抜群で見た目もおしゃれであっても価格が高かったり、コストが安くても機能性や収納力に欠けていたりしたら正直買うか悩んじゃいますよね。で、悩みに悩んだ結果、たどり着いたのが『スタックストー』でした。

おもちゃ箱をスタックストーに決めた理由

スタックストーの何が決めてだったかと言いますと

豊富なサイズとカラー

サイズは4種類、カラーは10〜12種類(サイズによって違います)で原産国はフランスなんですよ!おフランス製って聞くとおしゃれな感じしちゃうのは私だけですかね(笑)カラーはスタックストーを置くお部屋のイメージに合わせて選んでもいいですし、子ども部屋に置くのであればポップな明るいカラーにしたり、リビングに置くのであれば落ち着いたカラーにしたり。グラデーションっぽく選んでも見た目がきれいですよね。我が家はリビングに出しっ放しにしたときのことも考えてリビングのカラーと合うカラーにしました。ブラウンとレッドにしました。まぁ、レッドは私の好きな色なんですけどね(笑)交互に置くと可愛いです。とても気に入ってます♪個人的には、アイボリーとベージュの組み合わせも可愛いなぁ〜と思いました( *´艸`)

f:id:yu___hi:20181107111455j:plain

蓋があること

これもかなり決めるのに重要なポイントでした。あまり使わないおもちゃが入っているおもちゃ箱って意外と埃が溜まりやすかったりするので、蓋があることは必須でした。おもちゃ箱の底に溜まった埃を見る度にプチストレスでしたが、別売りの蓋を一緒に購入して使用するようになってからは埃にお目にかかることはなくなったのでストレスがなくなりました!

スタッキングができること

蓋(別売り)があるため、蓋をすればスタッキングできるんです。スタッキングできるのは収納場所もとりませんし、コンパクトに収納できるのでいいですよね。

f:id:yu___hi:20181107111557j:plain

上からバケットSサイズ、Mサイズ、Lサイズです。

f:id:yu___hi:20181107111640j:plain

バケットLスリムサイズはバケットLサイズの約半分の幅なのでバケットLサイズの上に2個並べてスタッキングできるんです。ピッタリ!気持ちいい〜♪計算されたサイズが凄いと思いました∑(゚Д゚)

ポリエチレン製なので丈夫なうえ汚れても洗えること

おもちゃ箱って実はとても汚れやすいですよね。子どもがおやつを食べた後の手でそのままおもちゃ箱を触ればベトベトになりますし、前にも書きましたが埃もたまりやすいです。子どもが大好きなシールとかでベタベタになったり(^◇^;)その点、スタックストーはポリエチレン製なので水でジャブジャブ洗えるのがいいと思いました。

ポリエチレン製でソフトな素材で持ち手が付いているので小さい子どもでも持ち運びがしやすいこと

おもちゃ箱に持ち手が付いていれば子どもも持ちやすい、運びやすいので「片付けて〜」と声をかけると自ら片付けてくれるようになりました。素材がポリエチレン製でソフトな素材なので大人ですと、片手で紙袋を持っているような感じ(例えが下手ですみません^^;)で両方の持ち手を持って運ぶことができます。

おもちゃをざっくりポイポイ入れられること

f:id:yu___hi:20181107112214j:plain

このようにおもちゃの種類ごとにざっくり収納しています。我が家の長男くんも遊び終わったあとは、ポイポイおもちゃ箱に入れて片付けが習慣化されました。

将来おもちゃ箱として使用しなくなってもおもちゃ箱以外にも使い道があること

これも重要なポイントでした。将来、子どもが大きくなっておもちゃ箱として使わなくなったら…。まだ使えるのに処分するのも勿体ないですし、大きなものですと処分料もかかりますよね。でも『スタックストー』ならおもちゃ箱として使用しなくなっても色々な使い道があるんです。

おもちゃ箱以外にも使い道が色々!

我が家が行なっているおもちゃ箱以外の使い方をご紹介しま〜すd( ̄  ̄)

車のトランクに入れて使用

ちょっと車で遠い公園に遊びに行くなんてときにとっても活躍しています。スタックストーにサッカーボールやフリスビー、グローブ、野球ボールなどをポイポイ入れて車のトランクに入れています。遊び終わって泥だらけのボールも気にせずそのままスタックストーにポイポイ入れて帰ってきます。ポリエチレン製のスタックストー自体、ジャブジャブ洗えるので気にしなくてもいいんですよね。これは汚れを気にしなくていいのでホントおすすめです!

オムツの収納

オムツはリビングに置いておきたいものなのでデザインはやっぱりおしゃれなものがいいなぁなんて思っていたんです。で、スタックストーのスリムサイズを見てたら、ん!?これピッタリいけるんじゃない!?ってなりまして。我が家ではオムツ収納に一役かっております。オムツの幅がスタックストーのスリムサイズの幅とぴったりなんですよー!ピッタリってホント気持ちがいい(笑)収納力も抜群でして、我が家の次男くんのMサイズ・パンツタイプのオムツが最低でも25枚入るんです。詰めればもっといけますが、取りにくくなります∑(゚Д゚)1枚取りたくても一気に5、6枚飛び出してきたり(笑)25枚ほどが丁度いい枚数でした!

赤ちゃん用のおしり拭き、手口用のウェットティッシュの収納

次男くんに使用している赤ちゃん用のおしり拭きや手口用のウェットティッシュを収納しています。これもですね、いい具合に収納できるんですよ。←言い方曖昧(^◇^;) スタックストーは柔らかい素材なので許容範囲が広いといいますか、よっぽどサイズオーバーなものでない限りピッタリな感じで収納できるんです。

クローゼットの中に入れて使用

我が家では玄関先にあるクローゼットの中にスタックストーを使用しています。何を収納しているかと言いますと、主に外で子どもが遊ぶグッズを入れています。水鉄砲やシャボン玉、ボールやプールの空気入れなどです。クローゼットにつっぱり棒をしてその上に並べています。スタックストーを横に2個並べたらピッタリでした!ピッタリって気持ちいい〜♪

絵本やアルバムの収納

子どもの本棚に並びきらなくなった絵本を入れています。また、アルバムの収納にも使用しています。

子どもの靴洗いに

泥だらけの子どもの靴を洗うのに使用しています。あまり汚れていないときは洗面台で洗ってしまうんですが、汚れが酷い靴を洗面台で洗うと排水溝が砂や土で詰まるんじゃないかとドキドキするんですよね。なのであまりにも汚れが酷いときはスタックストーに入れて外の水栓を使いながら洗ってます。

ホント、スタックストーっておもちゃ箱以外にも様々な使い道があるんですよね。我が家で行なっている使い方以外にもまだまだおすすめな使い道があるのでご紹介しますね。

こんな使い方もおすすめ

野菜の収納

じゃがいもなど冷蔵庫に入れないほうがいい野菜ってありますよね。そのような野菜の収納におすすめです。汚れてもジャブジャブ水洗いできるのでお手入れも楽です。

食料品や飲料水のストック収納

サイズが豊富なので収納するものによって選べて使い勝手もいいのでおすすめです。スタッキングできるので収納場所もとりません。

洋服や帽子の収納

蓋をすればスタッキングできるので種類ごと、季節ごとに収納してクローゼットに収納してもいいと思いました。ポリエチレン製で丈夫な作りなので帽子も型崩れしにくいと思いました。

キャンプ用品の収納

キャンプ道具を詰め込んでそのままトランクに。持ち手が付いているので持ち運びも楽ですね。そして蓋をすればちょっとしたにもなるなぁ〜なんて思ったりもd( ̄  ̄)

ガーデニンググッズの収納

シャベルや手袋、肥料などをひとまとめにしておくと持ち運びに便利ですね。

ハロウィン、クリスマス、お正月などのイベントのグッズの収納

イベントもののグッズってまとめたりすると意外と量がありますよね。イベントごとに収納してもいいですし、大きなサイズにひとまとめにして収納するのにおすすめです。

大きなLサイズは洗濯カゴに

大きなLサイズは洗濯物を入れるカゴにおすすめです。洗濯機周りがおしゃれに大変身ですd( ̄  ̄)

使わないときは入れ子になって収納もコンパクトに

使用しなくなったり一時的に使用しないなんてときは、全サイズがマトリョーシカのように入れ子になるのでコンパクトに収納できます。

 

まとめ

おもちゃ箱におすすめなスタックストーのご紹介をしました。いかがでしたか。おもちゃ箱以外にも様々な使い道があります。これからおもちゃ箱の購入を検討されている方や買い替えを検討されている方、またおもちゃ箱以外の収納ケースを探されている方の参考になれば嬉しいです。本日も最後までお読みいただきありがとうございます。