ゆうひのふたつのほっぺ

男の子2人のママです。子育てや生活に関する情報を書いています。

【おすすめ】料理が映える!イイホシユミコさんの食器

す2019.1.9更新

ご覧いただきありがとうございます。突然ですが、私、食器熱が再燃しております!!元々、食器が大好きでよくSNSなどでアップされているお洒落な食器たちを見るのが大好きなんですが、今特にハマっている食器がありまして。

前回の食器熱がきたのはかれこれ4年前。4年ごとにやってくる、オリンピックの年と同じペースでやってくる食器熱なわけですが(笑)、例のごとくSNSを見ていたときにですね、出会ってしまったんです。私のどタイプな食器に。初めてその食器を見た瞬間、心を奪われました(笑) 紹介されている数々のお料理がこれまた美味しそうなこと♪ その食器を手がける作家さんを調べてみたところ、ほかにも素敵な食器がたくさん作っていらっしゃるではありませんか!その食器と作家さんの出会いと共に食器熱が再燃しまして、お気に入りの食器たちに囲まれたいという願望が増しました。そして食器の見直しをしたい衝動にかられ、現在は少しずつ食器の買い替えをしている状況でございます。今日は、そんなおすすめの作家さんと我が家にお迎えした食器のご紹介したいと思いま〜す!

一瞬で心を奪われた作家さん!イイホシユミコさんについてご紹介

ひと目見たその瞬間に心を奪われました!これぞまさに一目惚れってやつですd( ̄  ̄)その素敵な素敵な食器を手がける作家さんのお名前は、ご存知の方も多いのではないかと思いますが、イイホシユミコさんです。イイホシユミコさんは、こんな方です。

京都嵯峨芸術大学陶芸家卒業後より「yumiko iihoshi porcelain」の名前で作品の発表を始める。2007年台東区デザイナーズビレッジに入居。同年11月よりプロダクトシリーズを開始。2012年に大阪直営店を、2014年に東京ショールーム&ショップをオープン。プロダクトシリーズやHand work作品を国内外で発表している。現在 アトリエ、事務所を東京、目黒区に置く

出典元:yumiko iihoshi porcelain公式サイトより

公式サイトに載っているイイホシユミコさんの食器に対する思いがこれまた素敵なんですよね〜。食器ってただ、食事をするための料理を盛るだけのツールではないんだなと考えさせられる内容でした。

イイホシユミコさんの魅力的な食器たち

イイホシユミコさんが手がける食器には様々なシリーズがあります。どのシリーズもお洒落で且つサイズ豊富で使い勝手も良さそうなものばかり。その中で今回は特におすすめのシリーズをいくつかご紹介したいと思いま〜す!

unjour(アンジュール)シリーズ

イイホシユミコさんの代表的なシリーズと言えば、このunjour(アンジュール)シリーズなのではないでしょうか。飲食店などでも使用されていることが多いですよね。フランス語で『一日』を表すunjour(アンジュール)。プレートのサイズは全部で3種類。色は『smoke blue』『ruri』など特徴的なカラーで6種類あります。

f:id:yu___hi:20181122010634j:plain

 こちらは先日我が家が購入したunjour(アンジュール)シリーズの『nuit』です。色は悩みに悩んで『ruri』にしました。藍色!?に近い深みのあるブルーが素敵♪

f:id:yu___hi:20181122010651j:plain

ちょっとしたチョコレートやナッツ、コーヒーのお砂糖などを入れて使うのもいいなぁ〜なんて。あとはこんな風に カトラリー置きとして使用するのもお洒落でおすすめです。価格(税込)は¥1296でした。

ReIRABO(リイラボ)シリーズ

続いておすすめなのがReIRABO(リイラボ)シリーズです。こちらは伊羅保釉を使用しています。伊羅保釉って!?ってなりまして調べてみましたよ〜。伊羅保釉は、焼き物で伝統的な釉薬(ゆうやく:焼き物の表面につける薬のこと)のひとつ。この伊羅保釉は、非常に安定しにくい釉で量産向きではないとか。何回もテストを繰り返し商品化が実現したそうです。とても貴重ですね。こちらのシリーズはプレート2種類とカップがあり、サイズはそれぞれS、M、Lの3種類。プレートの『Round plate』は全部で5種類のサイズ展開になっています。豊富なサイズで様々なシーンで活躍しそうですね。一番大きなサイズの『oval plateL』を今回購入しました。カレーや大皿料理などに合いそうだなと(*´꒳`*)お友達が遊びに来てくれた時にお料理をたくさん作って、こちらのお皿に盛り付けてテーブルに並べたい(*´꒳`*)そして、これまた色が悩んじゃうくらい素敵な色ばかりなんですよね。色は全部で5色。どの色もどこか温かみを感じる色で全色揃えたくなっちゃいましたよ。

f:id:yu___hi:20181122010721j:plain

我が家は、悩みに悩んでこちらの色に決めましたよ。『spring mint green』と『winter right gray』にしました。参考までに、我が家が購入したoval plate Lの価格(税込)は¥4320。cup Sの価格(税込)は¥1944でした。

f:id:yu___hi:20181122010803j:plain

裏にはシリーズ名とイイホシユミコさんの刻印が入っています。刻印もお洒落で素敵ですよね♪

ほかにもおすすめなシリーズがいっぱいあります

他には手のひらサイズのとりの形をした可愛らしいtoriシリーズや私が欲しいシリーズのひとつでもあるstainless coasterシリーズなどがあります。toriシリーズは、他のシリーズのカラーと比べると『mustard』や『lemon yellow』などの黄色もあり、可愛いらしいシリーズですね。stainless coasterシリーズは、その名の通りステンレス素材でできています。シンプルでコースターとしてはもちろんのこと、トレーやプレート代わりに使うのもいいなぁ〜と思いました。欲しい(*´ω`*)

 

イイホシユミコさんの食器は店舗購入したかったけどネットで購入しました

初めて、イイホシユミコさんの食器を見たときは、色味といい、質感といい、何て素敵なんだー!!と感動いたしました。すぐに公式サイトを見て店舗の場所も調べました。本当ならば、すぐにでも表参道の店舗に行きたかったのですが、まだ次男くんが2ヶ月とかそんな感じのころでしたので、店舗に行くのは諦め、ネットで購入しました。イイホシユミコさんの食器は、ネットでも様々な店舗が取り扱っていますよ。注文から3日ほどで商品が手元に到着しました。とても丁寧な梱包をしてくださり、無傷で手元に。念願のイイホシユミコさんの食器を目にしたときは、独特な色味と素材に感動しました。購入して良かったです!

ReIRABOシリーズの食器を使用してみました

先日、ReIRABOシリーズの食器を使用してみましたよ〜!それではお写真を。デデン!!

f:id:yu___hi:20181122010903j:plain

こちらは『oval plate L』と『cup S』。色は『winter right gray』です。プレートの中にカップをインしてみたりなんかしてみました♪使用してみて感じたことは、やっぱり食器が与える印象って凄く大事だなということ。なんの変哲もないいつもと変わらない我が家のカレーを盛り付けただけなのに、「何だかいつもより美味しいんじゃない!?」 と旦那氏もひと言、「食器って大事だね」と。食器を変えるだけで料理が与える印象って変わってくるんだなと改めて気づかされました。

食器が与える印象

食器を見直すようになってから改めて気づいたこと、それは食器は料理そのものを引き立ててくれるということです。また食器の色味や素材の違いによっても料理に与える印象は変わってきます。青は食欲を減退させると言われていたり、逆にオレンジなどの暖色系の色は食欲を増進させる効果があると言われていますよね。でもは、清涼感のある色なので、冷たいものなどを盛り付けるときには活躍したり、更に食器の素材がガラスのものであったら冷たいものを盛り付けるのにまさにぴったりですね。食や食器について調べてみると、食に対して有名だった北大路魯山人は「料理も芸術である」や「食器は料理の着物である」などの名言を残しているように、食器が与える影響は大きいことが分かりました。改めて食器選びは大切であり、こだわっていきたいと思いました。

さいごに

色々と食器を見直すようになってから感じたことは、食器が与える印象はとても大きいということです。で、思ったのが、私は恥ずかしながら料理のレパートリーが少ないんですが、食器を変えることでレパートリーが増えたように感じさせる作戦ってありだなと思いました(笑) こだわりやお気に入りの食器に盛り付けるだけでもいつもと同じ料理がいつもとは違った美味しい料理に感じたりするので。料理の映えるイイホシユミコさんの食器、少しずつ集めていきたいです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。